Story

幼馴染と再会を果たしたのは、引越して二度目の初夏だった。

 語るべきことは幾らでもあった。別れてからの時間、互いの変化、同じ場所へ至るまでの道のり。けれど、何故だかそれら全てを喉の奥に留めて、空白の年月をまるでなかったもののように並んで歩き出す。意味を含まない、ただ触れ合うようなやりとりは、守り合っていたのか、探り合っていたのか。
 相変わらずだね――そう言って笑った、その一瞬の間を縫うようにしての、一言。
「そっちは、どうなんだよ。……綾乃は」
 兄の名前に、動じることはなかった。
「こっちも、相変わらずだよ」
 逃げるようにやってきた土地で、しかし変化らしい変化もなくただ過ごしてきた日々。新しいはずの環境に、過去を纏う人物が介入してきた。

かつて神童と謳われた兄と、そのつまらない妹の話。

Attention

注意事項(ネタバレ未満)
・近親(兄)ルートなし(後日追加)
・わりと毒親表現
・羊頭狗肉

・下部スクロールにてバレあり地雷表記






























注意事項(ネタバレあり)
・かつて神童、現在ヒキニート兄
・ヤンデレ(?)エンドあり
・妹も結構おかしい(放火未遂ルートあり)